ニキビの基礎知識

男女年齢問わず悩まされる肌トラブルの一つ「にきび」というのは、非常に深刻な問題です。毎日しっかりとスキンケアをしていても、出来てしまうものです。
最もにきびができやすい年齢というのは13~18歳といわれています。青春のシンボルと言われることもありますが、にきびに悩む人からすると、そのような表現で収めることは出来ないほど深刻な問題なのです。また、平均的な発症年齢は13~18歳ですが、成人を迎えた人でも大人ニキビというものが出来てしまいます。
出来る時期が違うことで、原因も変わってきます。最近では手軽ににきび治療をすることが出来る商品が多数販売されています。そのため、自宅でケアをする人も増えています。ただ、自分でケアをしているとしても間違った方法でケアをしている、知識もないままケアをしていることによって症状を悪化させてしまうこともあります。
どのような症状であっても、一度悪化させてしまうと完治させるのは困難になってしまいます。できるだけ短期間で自然な状態で完治させるためには早期治療が大切です。

一般的には「にきび」と言われていますが、医学的には「尋常性ざ瘡」と呼びます。つまり、にきびは皮膚疾患の一つなのです。
にきびは、炎症を起こしている状態によって呼び名が変わってきます。白にきび、黒にきび、赤にきびというように状態によって名称が異なります。また、それらの種類によっても治療方法が変わってきます。炎症がおおきいにきびほど、にきび跡が残ってしまいますので、慎重に手入れをしなければならないのです。

ここで、にきびが出来るメカニズムについて紹介します。
初期段階のにきびの場合、毛穴に古い角質や汚れが詰まってしまうことによって、肌の表面に出るはずの皮脂が毛穴に詰まってしまいます。そうすることで、皮膚の表面が少し盛り上がってしまってどんどんと皮脂が蓄積されていきます。この状態でケアをしていることで、にきび跡を残すことなく美しい状態にすることが出来ます。
炎症を起こしているニキビの場合、毛穴の中でアクネ菌が増殖を始めています。アクネ菌はもともと体に存在しているものですが、過剰な皮脂分泌によって増殖してしまいます。炎症を起こしていると赤く腫れ上がってしまい、跡が残りやすいでしょう。そのため、手で触れることなく出来るだけ安静にしておくことが大切です。
炎症を起こしている毛穴部分膿が溜まってきます。膿が溜まった状態は、炎症が収まったあともクレーターが残りやすいです。この状態になってからケアすることは難しいので、できるだけ早めに皮膚科へ行って治療してもらうようにしましょう。