病院に任せるなら

にきび跡は自分である程度改善することは出来ますが、にきびをなかった状態にするほど美しい状態にすることは困難です。
自分で改善できることには限界がありますので、自分ではこれ以上改善することは難しいと判断した場合には皮膚科医へ行きましょう。皮膚科医というのは、皮膚の病気に関するプロフェッショナルです。そのため、にきびにおいても原因を明確にした上で適切な治療を施します。確実で早い治療を期待することが出来るでしょう。

皮膚科で行うにきび治療には、保険治療と保険適用外の治療があります。炎症を起こしているにきび治療を行う場合には、基本的に保険治療が行われます。治療内容としては、抗生物質、ビタミン剤、ホルモン剤などの飲み薬と、抗炎症剤の塗り薬が処方されます。
炎症を起こしている状態で、医師の支持に従って治療を受けることでにきび跡が残るリスクを低下することが可能です。
保険適用外の治療は、主ににきび跡に行われます。保険適用外の治療では、レーザーやケミカルピーリングといった施術が行われます。直接皮膚に施術を行うことで、肌の代謝を高める、古い角質を除去する、コラーゲンを生成するといった効果があります。
皮膚科によって行なっている治療方法は異なりますし、行う治療によって費用が異なります。同じ施術方法であっても保険適用外の治療であれば、クリニックが独自に金額を設定していますので、金額に差が生じます。
どこの皮膚科で治療を受けるか?どういった治療方法を選択するか?ということは、自分で決めなければなりません。治療を行うのは皮膚科医ですが、自分も治療に参加しなければ満足できる結果を得ることは出来ません。複数のクリニックを比較した上で、自分が納得できる方法で治療をするようにしましょう。